HIFU フェイスリフト

 SMAS-LIFT

スマス-リフト

HIFU(ハイフ)  Hight  Intensity  Fucussed  Ultrasound

■ SMASU-LIFT(スマス-リフト) HIFU とは ■

SMASU-LIFTは、HIFU( Highat Intensity Focused Ultrasound)高密度焦点式超音波を搭載した最先端美容機器です。

集束超音波により肌表面を傷つけることなく、表在性筋膜(SMAS)、真皮層、皮下脂肪組織にピンポイントで熱擬固点を生成することによりフェイスリフティングやタイとニング、痩身を可能にします。

 

原理を例えると、太陽の光を虫眼鏡で1点に集めると焦点部に高い熱が発生するように、超音波を1点に集束させることで、十分な熱エネルギーを予め設定された深度に送り込むことが出来ます。

■ SMAS(筋膜)からの立体3Dリフトが可能に! ■

HIFUでは、集束された超音波を体内に照射し肌深部に熱と振動を発生させる事で、毛細血管拡張と血行促進により、新陳代謝を促すとともに、細胞を活性化させる効果が期待できるため、フェイスリフトや部分痩せなどに使用されます。

従来の美容機器では届かなかったSMASへ熱を与え、より深部からたるみへアプローチします。

 

表在性筋膜(SMAS)、真皮層、皮下脂肪組織にピンポイントで熱擬固点を生成することにより、立体的3Dでアプローチします。

肌は、上から表皮・真皮・皮下組織・表在性筋膜群(SMAS層)・筋肉に分かれており、一般的エステ技術では肌の土台であるSMAS層にエネルギーを送り込むことは困難でした。SMAS-LIFTは、SMAS層に効果的に熱エネルギーを加えることが出来るため、これまでにない即時的なリフトアップ効果と持続的なタイトニング効果が期待できます。

■ お顔の老化「たるみ」「しわ」「シミ」について ■

お顔の老化は 「たるみ」、「しわ」、「シミ」などがあらわれることです。それぞれが同時に進行することでお顔が老けていきます

 

「たるみ」は、繊維芽細胞(コラーゲン、エラスチンの元の細胞)や幹細胞などのお顔の形や弾力を保つ細胞の機能低下により、本来の形状が保てなくなり「たるみ」となります。

SMAS-LIFT(HIFU)は、筋膜と上の皮下組織へアプローチします。

 

「しわ」は、繊維芽細胞の機能低下、角質層の水分保持力の低下により皮膚の弾力が無くなることで、ハリがなくなり「しわ」となります。

フォトは真皮層から上へアプローチします。

 

「シミ」は、紫外線や摩擦などの外的衝撃から皮膚内部を守るために、表面の角質でメラニンとして発生します。皮膚のターンオーバーが鈍くなることでメラニンがいつまでも居座り、老人性のシミとなります。

角質層を健康な状態にすることで軽減します。

 

 

■ 照射部位 ■

 目まわり

眉尻の上(前頭筋)、まぶた外側(眼輪筋)などのたるみにより、目のくぼみやまぶたがかぶってしまいます。

ほほ(ほほ全体・ホウレイ線)

口元から耳の前側にかけて(大頬骨筋、頬筋)や口角から目の下にかけて(上唇挙筋、小頬骨筋)などのたるみが頬全体のたるみとなり、ホウレイ線をつくります。

 

口角(マリオネットライン)

マリオネットラインとは、口角から顎にかけて下がってしまう状態のことをいいます。

口角を引き上げる役目の(頬筋、笑筋)などの老化によるものです。

フェイスライン

顎から首にかけて、顔の境目がはっきりしなくなります。

顎下から耳の下(二腹筋、顎舌骨筋)まで引き上げとなります。

全体的にたるみとシワが出来やすく、主に首全体を覆っている(広頸筋)が関わっています。

 

クラウドファンディング 特別価格のご案内

 

こちらから、詳細をご覧ください。